御由緒




御祭神
応神天皇  神功皇后  多紀理比賣命 
多岐都比賣命  市寸嶋比賣命  豊日別命





到津八幡神社の歴史はまことに古く、神功皇后が三韓征伐
の後、宇美の里で御子応神天皇をお産みになり豊浦宮へお帰り
の時、御座船を当地に着けられました。
後に一祠を建て皇后の和魂をお祀りしたのが当社の起源といわ
れています。
神功皇后の御霊をお祀りしたことから、人々は安産を願うようになりました。
社前の川水を汲み、産湯として使われるようになったといわれています。
現在、この川は板櫃川という名称ですが、別に「産川」(ウブカワ)とも云います。
また、川の付近には「産川町」という町内もあります。

文治4年(1188年)宇佐八幡大神を勧請し、祭祀には宇佐の
支族が任ぜられました。
永禄4年(1561年)大友義鎮が宇佐宮を攻め廟社堂一宇も残
らず焼きはらいました。やむなく、宇佐宮の神官・社僧は神輿を
守護し奉り、天正11年(1583年)までの23年間、神璽を到津社
に遷座しました。
以後、細川氏・小笠原氏の篤い崇敬を受け社殿等の改築がな
され、現在に至っています。

慶長年中(15世紀)國主細川越中守源忠興候當社再興あり 
豐城の産土神と尊崇し給ひ本殿拝殿浮殿に至るまで建立あり
元和3年(1615年)神領20石の地を寄付し神官をも補し給へり
                                 〜社記より

小笠原忠眞公は、下総國古賀の御誕生にて御産土神は雀宮大
明神なり。しかるに寛永9年(1632年)12月、公小倉の御城に
御入城ありし砌、当御城地は、到津八幡宮の御敷地也と聞かせ
られしによりて、此の神をも、公の御産神に立給わんとありて、
翌年正月15日、到津社に初めて詣でられ御神拝。
 後、神職川江大膳種勝を公御前に召し、自今は当八幡宮を公
の御産神に崇敬し給うべし。後々に至るまでもこれを家式
になし、との御意也。
                           〜「新旧雑録」より

 
神社の幣殿の風景です。細川忠興が小倉城に入城後、当社の由緒を知り、産土神と
崇め篤く崇敬し再興しました。また後には、小笠原氏の厚い崇敬も受け、神殿・拝殿
の改築がなされました。現在の建物は明治29年に建て替えられたものです。
手前が拝殿(参拝者が参列するところ。) 奥が弊殿(神職が祝詞を奏上するところ)
写真では見えませんが、更にその奥が本殿(神座)
祈願等の参拝の皆様方々が参列される手前の拝殿は、昭和49年に斎行された
1400年祭で改築されたものです。
  平成25年に増築した祈願者控室
      
宝暦10年(1760年)小笠原忠眞により、本殿・幣殿・拝殿及び若宮社
等が再造されている。
同年、公より神輿の奉納あり。
神輿は安政4年(1875年)に修復されたが老朽著しく、昭和53年に
氏子崇敬者の御協賛により新しく神輿を奉製。現在は、境内に神輿庫を
建て新旧相並べて奉安している。

明治5年に1300年祭。昭和49年の1400年祭で拝殿・神楽殿を改築。
昭和59年の1410年祭で神輿庫を建立。

                          



トップへ
戻る

  御祈願 大安と戌の日 年間歳時記  境内の四季  情報広場  地鎮祭  家祓
 
次回祭典・行事のお知らせ  神宮大麻頒布始祭  アクセス  お問い合わせ お店マップ