境
到津八幡神社の四季折々の境内を紹介します。



         春   


 神社境内の春の花は3月頃から始まります。         
2月頃からつぼみを膨らませてきた梅が花をつけます。 を当ててみて
  白梅に紅梅、八重の花も美しい.




  ほのかに香る梅の香りに春を感じます。
花をつけるころに、近くを通ると「フワーっ」といい香りに包まれます。
天然のアロマで体の中からリフレッシュできます。

          


寒緋桜もそろそろ準備にはいった
ようですね。



 寒緋桜は可愛らしい花
を咲かせます。

 3月の下旬、正面の長〜い石段を上ると先ず目に付くのが桜です。年を追うごとに暖
かくなってきたせいでしょうか。年によっては、3月の中旬から咲き始めて4月の初旬に
は散り始めることもあります。つぼみを見るも良し、満開の桜を見るも良し、散り際を見
るも良し。色々な楽しみ方が出来ますね。春の日差しの下、桜の花の下でのんびり
お弁当を楽しむのもイイかも。
  3月中旬 一足早い「寒緋桜」 








春になるといろいろな花が咲きます。
ひっそりと咲いている花たちにスポットをあててみました。




   4月 一年中で一番賑やかな季節です。枝垂れ桜です。
可愛らしい花がたくさんつきました。「しだれ桜」です。(平成21年4月4日)
                             
4月下旬 境内の紅葉がきれいな緑色になりました。夏にかけて結構持続
します。秋の紅葉もいいけど、さわやかな紅葉も気持ちいいです!
   



 5月初旬、手水舎の背景を埋め尽くす「つつじ」です。
                   
手水を済ませ、参拝に向かう際に18段の石段の両側から満開の花が迎えてくれます。
例年、当社の春祭の5月5日・6日あたりが満開でしたが、桜と同じく少々早く咲くように
なりました。見ごろは、4月の下旬となっています。
これらの花が終わる頃、境内の至るところにある楠木を始め数々の木々が葉を新たに
します。まさに、新緑の春。生まれたての緑を眺めつつ大自然の息吹を感じてください。